親の借金を相続しないといけませんか?

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

相続

弁護士の回答

親の借金を当然に相続しなければならないというわけではありません。

 

相続放棄が可能です

被相続人が借金をしていた場合、自分の親が負った借金だから自分が返さなければいけないと考えている方がいらっしゃいます。

しかしながら、被相続人となる親に借金がある場合でも相続放棄は可能であり、必ずしも親の借金を返済しなければならないというわけではありません。

したがって、被相続人が借金をしている場合には、相続放棄をして借金を相続しないという手段をとる事が考えられます。

 

 

相続の承認・相続放棄

民法は、相続をするか否かにつき相続人に選択の自由を認めています。

単純承認 負債を含めて全面的に承認する
相続放棄 財産の承継を全面的に拒否する
限定承認 相続資産の範囲内で債務などの責任を負う

すなわち、相続財産について負債を含めて全面的に承認するのか(単純承認)、逆に財産の承継を全面的に拒否するのか(相続放棄)、相続した資産の範囲内で債務などの責任を負うのか(限定承認)について、被相続人の財産状況等を踏まえて選択をすることが可能です。

そして、相続放棄をした場合には、親の借金は返さなくてもよいことになります。

相続放棄と限定承認について詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

借金がある場合でも相続した方が良い場合がある?

被相続人の借金の額よりも財産の方が大きい場合には、相続をするという選択をすることも考えられます。

相続が開始すると、被相続人の財産に属した一切の権利義務は、原則として、相続人が全て承継することになります(民法896条)。

一切の権利義務とは、個別の動産・不動産などの権利、債権債務、財産法上の法律関係ないし法的地位なども含まれます。

そのため、被相続人が借金をしていた場合には、相続人が被相続人を相続した以上、その借金の返済をしなければなりません。

第三者と話し合いしたがって、親に借金がある場合でもその他の資産等から相続をするかどうか選択をすることが可能ですが、知らない間に単純承認をしたとみなされないように注意をする必要があります。

なぜなら、相続人が相続の単純承認をしたつもりがない場合であっても、相続人が相続財産の全部又は一部を処分したり、熟慮期間内(相続をしたことを知った時から3ヶ月以内)に限定承認や相続放棄をしなかったりしたとき等については、相続人が単純承認をしたとみなされることになっているからです(民法921条)。

 

 

現実の対応

実際に相続するか、相続放棄するかを決定する際には、被相続人のプラスの財産とマイナスの財産だけではなく、被相続人の借金について相続人が保証人になっているかどうかをも検討して方針を決定する必要があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

まとめ弁護士以上のように、当然に親の借金を相続しなくてよいとはいっても、相続をするか否かについての判断が必要となり、また相続放棄や限定承認をする場合には家庭裁判所での手続きが必要となります。

相続は、一生の間何度も経験するというものではないため、いったい何が法的な問題となり得るのかさっぱりわからないという方が多くいらっしゃいます。

そのため、法的な問題が顕在化していないという方も、まずは一度お気軽にご相談ください。

 

 

 

関連Q&A

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

専門領域 / 個人分野:家事事件 法人分野:労働問題  

実績紹介 / 相続の相談件数年間285件(2019年実績)を誇るデイライト法

律事務所の代表弁護士。家事事件に関して、弁護士や市民向けのセミナー講

師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおい

て家事事件での取材実績がある。「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を

執筆。


[ 相続Q&A一覧に戻る ]


 

相続発生後のお悩み解決法





なぜ弁護士に相談すべき?