私が死んだあと、ペットが心配です。

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

遺言書

answer

私は一人暮らしで、ペットの犬を飼っています。ずっと私が一人で面倒を見てきた犬ですので、私がいなくなった後、このペットがどうなるのか心配です。
できれば、信頼できる人に託したいと思うのですが、単なる口約束では不安ですので、きちんした法的な対策をとりたいと思います。
私にとれる手段はありますか。

 

犬や猫などのペットを飼い、家族の一員として大切に面倒を見ている方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、一人暮らしで身寄りもない場合、自分が亡くなった後、ペットはどうなってしまうのか不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

そこで、自分の死後、信頼できる人にペットを託す方法として、どのような方法があるのかをご紹介したいと思います。

 

準委任契約

自分の死後、具体的に何かしてほしい行為がある場合、それを託す相手と事前に準委任契約を結んでおくという手段があります。
契約の中で相手方に委任する内容は、自分の死後のことであれば内容が明確で実現可能性のあるものである必要があります。そのため、ペットを託す内容の、その細部についてまできちんと定めておくことが大切です。

負担付贈与契約、負担付遺贈

次に、ペットの面倒を見るという負担付で現金などを贈与する方法が考えられます。
負担付贈与契約は、これを託す人との間で生前に合意し、契約を結ぶものです。
負担付遺贈は、遺言により負担付で贈与することをいいます。

 

2つの違いは、相手方との合意が必要かどうかです。

もっとも、自分が死んだあと、ペットの面倒をきちんと速やかに見てもらうためには、負担付遺贈であっても、事前に託す予定の人から同意を得ておくべきであることを考えると、いずれの方法をとるかで頼む人の負担は大きくは変わらないといえます。

犬の足跡

自分の死後、ペットを信頼できる人に託す方法としては、このような方法が考えられますが、ほかにも、信託制度を活用するなどして備えることも十分考えられます。

どの方法が一番ふさわしいかは、個別具体的な事案により異なります。

自分の死後のペットのことについて不安を抱えていらっしゃる方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

関連Q&A

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

専門領域 / 個人分野:家事事件 法人分野:労働問題  

実績紹介 / 相続の相談件数年間285件(2019年実績)を誇るデイライト法

律事務所の代表弁護士。家事事件に関して、弁護士や市民向けのセミナー講

師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおい

て家事事件での取材実績がある。「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を

執筆。


[ 相続Q&A一覧に戻る ]


 

相続発生後のお悩み解決法





なぜ弁護士に相談すべき?