家族の仲が良くても遺言を作る必要はありますか?

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

遺言書


answer

うちの子たちは仲が良いから遺言なんて必要ない、と考えている親は多いのではないでしょうか。

実際そのように思っていても、あなたが亡くなった後に、配偶者や子たちの間で相続の争いになることはよくあることです。

配偶者や子どもの仲が良い場合でも、遺言を書くことをお勧めします。

 

遺言がないときによくある相続人間の紛争って?

相続は、ときに「争族」とも呼ばれます。

残念ながら、両親の生前は仲の良い兄弟でも、両親が亡くなると、これまでの兄弟間の不満が爆発し、不仲になることはたびたびあります。

とくに、両親や家族をまとめていたキーパーソンが亡くなったときには、その家族をまとめる人がいなくなり、相続の場面でも争いが激化することも稀ではありません。

また、親と同居し、介護などを通してよく面倒をみてきた子がその頑張りを認めてもらいたいと思ったとき、相続で他の兄弟より多く受け取ることを希望してもおかしくはありません。

しかし、そう思っていても、遺言が無く、他の相続人の理解も無いときには、面倒を見てきたことを考慮してほしい相続人と、法定相続分で分割を希望する相続人との間で、大きく対立をしてしまいます。

 

 

遺言を書くことのメリットは?

無用なトラブルを防ぐことができる

あなたが、遺言作成することで、残された家族間の無用なトラブルを防ぐことができます。

例えば、面倒を見てきた相続人がいて、あなたとしてもその人の貢献を考慮して遺産を分けることを希望するとします。

たとえ相続人との間で口約束をしていたとしていても、遺言がないときには、法的な拘束力は何もありません。

逆に遺言があり、そのように書かれているときには、相続人は遺言に従って遺産を分けることになります。

他にも、あなたが子どもの1人と、あなた名義の家で同居している場合、あなたの亡き後、その不動産も相続の対象になります。

他の相続人が、その家を売却して金銭に換え、遺産分割をすることを望めば、同居していた子が家を失うことだってあるのです。

このような場面でも、あなたがあらかじめ、この家を同居の子に相続させる旨の遺言を書いて残しておけば、その子が家を失うことを回避することができます。

このように、遺言によって、生前の意思を死後にもきっちりと反映させることができるのです。

 

遺言の付言事項を活用する

遺言には、「付言事項」として、なぜその子に多く残したいと思ったのか、あなたの意思を記すこともできます。

他の相続人もあなたの意思を汲み取り、その子がなぜ他の相続人より多く財産を相続することになったのかを理解することも可能です。

 

 

終わりに

このように、遺言を書くことは、自己が亡き後の家族間の紛争を回避する一番有効な手段です。

しかし、遺言はあなたの死を前提にしたものですから、残される家族は、あなたの気持ちを思うと、あなたに遺言を書いてくれとは言い出しにくいものです。

そのため、あなたが率先して、残された家族のために遺言を書く必要があります。

せっかく財産を残したのに、それが原因で残された家族が不仲になり、遺言さえ書いていてくれればこんなことにはならなかったのにとあなたが恨まれてしまうことほど残念なことはありません。

したがって、たとえ家族の仲が良くても、残る財産が多額ではなくても、遺言を書くことをおすすめします。

 

関連Q&A

 

 

執筆者
弁護士 宮崎晃

弁護士法人デイライト法律事務所 代表弁護士

所属 / 福岡県弁護士会・九州北部税理士会 

保有資格 / 弁護士・税理士・MBA

専門領域 / 個人分野:家事事件 法人分野:労働問題  

実績紹介 / 相続の相談件数年間285件(2019年実績)を誇るデイライト法

律事務所の代表弁護士。家事事件に関して、弁護士や市民向けのセミナー講

師としても活動。KBCアサデス、RKB今日感テレビ等多数のメディアにおい

て家事事件での取材実績がある。「弁護士プロフェッショナル」等の書籍を

執筆。


[ 相続Q&A一覧に戻る ]


 

相続発生後のお悩み解決法



なぜ弁護士に相談すべき?